postheadericon 投資の担保

例えば、ワンルームマンションやファミリー向けマンションを購入し、入居者を集めてその賃料収入を得るという不動産投資が注目を浴びて久しくなります。これは、株や通貨など日々変動の激しい金融商品に投資するより、着実に賃料収入を積み上げていきながら購入時のローンを返済し、完済できれば以後の賃料収入を資産にできるという長期的な資産運用の方法の1つです。

この方法のために、既にある住居や所有マンションなどを担保して購入金額を借り入れる方法が不動産担保ローンです。不動産担保ローンは、借入者の収入始め信用情報とはあまり関係のないところで、既に所有している不動産を担保にして融資を行うものであるため、信用情報をもとにしたローンよりも借入額を大きくできるなどのメリットがあります。

ワンルームマンションなどを新たな投資対象として不動産担保ローンで購入し、意気揚々と運用を続けていても、もしかしたらうまく立ち行かなくなることが出てくるかもしれません。そうなって賃料収入が望めなくなると、不動産担保ローンを返済することが難しくなり、そのまま返済が滞ると、担保にしていた物件を何らかの方法で売却しなければならなくなります。その担保がもし現在の住居だった場合は大変です。

この場合は、早急にワンルームマンションを売却し、売却額をローン返済に充てるべきです。売却額が返済額に届かない場合にはその後も苦しい返済に追われることとなるため、いかにワンルームマンションを高く売却するかがカギになります。

イチ押しリンク

おすすめのマンション管理会社がこちら「【横浜市】マンション管理の見直しサイト」

カテゴリー
  • カテゴリーなし
カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031